大切な着物は長く使いたい!知っておきたい保管方法

年齢に関わらず楽しむことができる着物を、長く使い続けたいと思うなら、正しい保管の方法を知っておくことが必要です。
保管する際に気を付けなければいけない2つの注意点は、湿気と虫です。
まず、湿気対策として、収納する場所を選ぶ必要があります。
過度な湿気を入れずに、通気性の良い状態であることがベストとされているため、着物の収納場所として一番好まれるのが、桐箪笥です。
さまざまな点で良い条件がそろっている桐箪笥ですが、お値段が高いものも多く、購入することに戸惑ってしまう人もいるかもしれません。
そのような人は、通常の衣類の収納スペースを利用することになりますが、収納する場所は、日当たりの良すぎないところで、風通しの良い場所を選ぶ必要があります。
また、桐箪笥に比べて通気性が悪いことが多いため、定期的に引き出しを開けたり、時々は着物を広げて風を通すことも必要でしょう。
虫への対策については、市販されている防虫剤を利用すると便利です。
その際に注意することは、防虫剤の中身を直接付けないようにすること、また、使用する防虫剤の種類は必ず一種類にすることです。
数種類の防虫剤を使用すると、化学反応を起こしてしまうことがあるため、気をつけて保管しましょう。

着物を買い取ってもらう際のポイント

着物は中古品であっても根強い需要があり、高額買取を行っている業者も多いです。
しかしながら、実際に高額で買い取ってもらうためには、いくつかのポイントが重要となります。
まず、人気のある作家が手がけたものや、有名な織物で作られたものは高額査定となりやすいです。
業者は着物買取の専門家であるため、着物単体で持ち込んでも正当な価格で買い取ってもらえる可能性は高いです。
ですが、もし可能であるならば証書と一緒に持ち込むのがお勧めです。
証書があれば客観的に価値を証明できますし、中古品として販売する際にも間違いなく本物だとアピールできるので、買い手もつきやすくなります。
証書の有無によって査定額が大きく変わるケースもあります。
ですので、事前に証書を用意しておきましょう。
もう一つのチェックポイントは、やはり保存状態です。
中古販売する上では美品であることが望ましく、汚れや傷みの程度に応じて査定額は下がってしまいます。
長い間仕舞ったままにしておくと、折り目がついてしまったり、色褪せてしまったりすることがあります。
このような事態にならないように、しばらく着る機会がなくても、定期的に取り出してメンテナンスを行うようにしましょう。

pickup

ロレックス エクスプローラー高価買取

介護ソフト

ペット火葬 戸田市

新築戸建 福岡

最終更新日:2019/9/6