着物の色気の正体を探れ!

みなさま普段着物を着たり、着ている人を見るといえばどんなときでしょうか?初詣や冠婚葬祭のときなどでしょうか。
そんなとき性別に限らず着物姿だとその人の持つ雰囲気ががらっと変わりませんか?また着ている本人も思わずいつもよりしぐさが丁寧になりませんか?そんなとき、第三者は色気を感じるのです。
着物とは不思議なもので、一枚の布でできているので洋服より体のラインを隠し、また露出する部分も少ないのにそこかしこの部分からにじみ出る色気があるのです。
たとえば襟元。
着用時に少しだけ見える鎖骨や襦袢に飾り付ける半襟。
または裾からのび出る手首足首など。
ちょっとした露出だからこそ楚々とした品を感じるのです。
これもまた性別に限らず言えるのではないのでしょうか。
それから作りがゆったりしている分、たまに着たりするとなかなか動くのが慣れないですよね。
いつもより歩幅が小さくなってしまったり、腕をのばすとき裾が汚れないように手で押さえたり。
そんな動作からもまた色気を感じるのではないでしょうか。
今では気軽に着用できたり安価なものもたくさん流通しています。
久々に着込み、いつもの日常を変えてみるのはいかがでしょうか。

よりいっそう色気を感じる着物の着こなし方

日本ならではの着物は、奥ゆかしく上品なスタイルであるものの、実は女性の色気を感じさせるものなのです。
より魅力的にセクシーに着こなすためには、まず髪の毛はまとめてアップするようにします。
襟部分から見えるうなじは非常に色っぽく、男性が好む部分です。
少し見える背中もセクシーです。
気づかないうちに見られている背中は、綺麗に産毛のムダ毛処理をしておくようにしましょう。
またうなじに落ちてくる後れ毛は、ピンで留めておくと良いでしょう。
さらに着物を着たときの色気は、姿勢や歩き方にも表れます。
胸を張って姿勢よく振る舞うことで、凛とした女性の魅力が漂います。
だらしのない姿勢は控えるようにしましょう。
また下駄を履いて小股歩きをすることで、何ともいえない頼りなさげな雰囲気も垣間見ることができます。
さらに裾や袖部分からちらりと見える白い素肌も、色っぽくて美しいものでしょう。
あまり大きなジェスチャーはせずに、遠い物を取るときは袖部分をもう片方の手で押さえるなどおしとやかな振る舞いを意識しましょう。

Valuable information

スピーカーの買取サイト

Last update:2019/2/28